足底腱膜炎(足底筋膜炎)

  • 歩いていると土踏まずが痛い
  • 朝起きて立ち上がると踵のあたりが痛い
  • 長時間歩くこととがある
  • 立ち仕事などで足の裏が痛くなる
  • 剣道、陸上などのスポーツをしている

足底腱膜炎(足底筋膜炎)について|大網白里市おおあみ接骨院

足底腱膜炎(足底筋膜炎)とは

足底腱膜炎(足底筋膜炎)とは足の指の付け根からかかとまで、足の裏に張っている足底腱膜に痛みを伴う炎症が起きる疾患です。

かかとの骨の前方、土踏まずに痛みがでることが多いです。

40代~50代で発症が多いです。

スポーツをしている若い世代の方にも多く発症します。

 

特にマラソンランナーに多くみられる代表的な障害です。

その他にも長時間歩いたり、立ち仕事だったりでも起こることがあります。

足の使い過ぎが原因で発症しやすい疾患です。

足底腱膜炎(足底筋膜炎)の原因と症状|大網白里市おおあみ接骨院

足底腱膜炎(足底筋膜炎)の原因

足は荷重時の負荷を軽減させるためにアーチ構造になっています。そのアーチを弓の弦のように足底でピンと張っているのが足底腱膜です。

ランニング、歩行、スポーツなどで足底腱膜に負荷がかかり続けると炎症が起きます。それが痛みに繋がります。

ひどくなると足底腱膜の付け根であるかかとの骨が引っ張られて、トゲのように骨が変形した骨棘と言われるものが痛みを強くしてしまうことがあります。

 

足底腱膜炎(足底筋膜炎)になる方の多くは、足の裏、ふくらはぎの筋肉に強い緊張があることが多いです。

筋肉の緊張が強く、足首などの動きが悪い状態で運動することにより、足底腱膜炎へと繋がっていきます。

 

その他にも偏平足、アーチの低下、長時間の立ち仕事足底腱膜炎(足底筋膜炎)の原因になります。

足底腱膜炎(足底筋膜炎)の症状

朝起きてから最初の数歩が痛いが、次第に痛みが落ち着いてくる。

長時間座っていて、急に歩きだすと痛い。

かかとの骨の前方内側を押すと痛い。

このような症状が足底腱膜炎(足底筋膜炎)の主な症状です。

大網白里市のおおあみ接骨院の足底腱膜炎(足底筋膜炎)の施術法は?

大網白里市のおおあみ接骨院では、「根本施術×マニュピレーション」で患者様の頭痛にアプ

ローチしていきます。「根本施術」では、みなさまの体の状態にあった施術をおこなっていきます。

 

足底腱膜炎(足底筋膜炎)は痛みが強い時期は安静にしておくことが重要ですが、それだけでは再発する可能性が高いままです。

足底腱膜炎(足底筋膜炎)の方は足の裏、ふくらはぎの筋肉が緊張していることが多いです。

さらに筋肉の緊張で足の指や足首の動きが悪くなっていることもあります。

 

また、偏平足やアーチの低下足底腱膜炎(足底筋膜炎)の原因に繋がります。

 

当院ではまず足底腱膜炎(足底筋膜炎)を起こしている原因を丁寧に問診・検査し、身体の動きを診ていきます。

そして、足底腱膜炎(足底筋膜炎)起こしている原因に合わせたアプローチをしていきます。

再び足底腱膜炎(足底筋膜炎)を起こさないような身体づくりも行い、根本改善を目指します。