肋間神経痛

  • 呼吸をすると胸、肺、肋骨のあたりが痛い。
  • 突然胸、背中、みぞおち、脇腹のあたりが「ズキン」「チクチク」「ヒリヒリ」と痛む。
  • 姿勢を変えたりすると胸のあたりに痛みがでる。
  • 咳をすると胸、肺、肋骨のあたりが痛む。

肋間神経痛について|大網白里市おおあみ接骨院

肋間神経痛とは、神経痛の中の一種で、肩の部分から腰の上、胸あたりで起こる神経痛です。

皮膚の「突きさす痛み」「ヒリヒリした痛み」や筋肉の違和感が数秒から数分間続きます。

特に中年以降の女性に多く見られる症状です。

また、痛みは身体の片側に出るのがほとんどで、両側に出るのはまれです。

肋間神経は、肋骨と肋骨の間にあり、背中・胸・腹部の上部にかけて伸びています。

この肋間神経が何らかの原因により刺激され、

電気が走るようなズキンとした痛みが発作的に起こります。

心臓や肺、臓器に異常がある場合や、身体に帯状疱疹がある方は、

ウイルスによって神経が侵され、胸に似たような痛みが出たりするので、

病院でのしっかりとした検査が必要です。

このような病歴がないのに痛みが出るようならば、

一般的な肋間神経痛を疑うといいでしょう。

肋間神経痛の原因・症状について

寝違え施術肋間神経痛の原因はいくつかあり、帯状疱疹や変形性脊椎症、脊椎圧迫骨折、骨粗鬆症などでも起きますが、

ほとんどが病院の検査では異常が見られず、筋肉の異常が原因肋間神経痛を引き起こしています。

また、自律神経の乱れ、ストレスや疲労、姿勢も筋肉と深く関わってきます。

自律神経が乱れたり、ストレスや疲労が溜まると身体が緊張して不自然な力が加わり、

呼吸が浅くなります。

そうなると肩背や胸、肋骨周りの筋肉が過緊張して硬くなり

筋肉や骨が肋間神経を圧迫して、背中や胸、みぞおち、脇腹に「ズキン」「チクチク」

といった痛みが数秒から数分間出てしまいます。

自律神経はホルモンと深く関係がある為、妊娠や出産によってホルモンの変化を起こしやすい女性の方が肋間神経痛になりやすいと言われます。

他にも咳や不良姿勢などで筋肉に負担を掛ける動作を行っても肋間神経を圧迫するため、

痛みを引き起こしてしまいます。

 

大網白里市のおおあみ接骨院の肋間神経痛施術法は?

大網白里市のおおあみ接骨院では、「根本施術×マニュピレーション」で患者様の頭痛にアプ

ローチしていきます。「根本施術」では、みなさまの体の状態にあった施術をおこなっていきます。

 

根本治療ほとんどの肋間神経痛画像や血液検査などでは原因が分からず

ストレスや疲労、自律神経の乱れによって筋肉の過緊張が起こり、肋間神経を圧迫していることが多いです。

当院ではまずどこの筋肉が肋間神経痛を引き起こしているのか、

手技による検査で身体の動きを丁寧に診ていきす。

そして肋間神経痛を引き起こしている筋の異常を取り除き

自律神経の乱れやストレス、疲労の回復も促していきます。

また、正しい姿勢の指導も行っていき、

肋間神経痛の出ない身体作り、根本改善を目指していきます。