交通事故の保険について

  • 自動車の保険についてわからず不安である
  • 交通事故でのケガの治療費を知りたい
  • 自賠責保険と任意保険の違いがわからない
  • 慰謝料がどれだけもらえるか知りたい

交通事故の保険について

交通事故に遭った際は、大半の場合は病院や整形外科、接骨院などの医療機関に通うことになると思います。

その際の医療費の負担は、基本的に通常の健康保険ではなく、自賠責保険や任意保険をを用いる事になります。それらの保険で治療を受ける場合、治療費は0円となります。

自賠責保険と任意保険の違いって?

普段から運転されている方はご存知でしょうが、交通事故などに関わる保険には大別して2種類あります。それが「自賠責保険」「任意保険」です。

先ずは自賠責保険についてですが、こちらはいわゆる「強制保険」というもので、法律によって加入が義務付けられており、交通事故の際の相手のケガや後遺症などを保障する最低限の保険です。

次に、任意保険とは「自動車保険」とも呼ばれている保険で、自賠責保険では補償しきれない対人の支払いや、物損事故での賠償、自身の治療費など、幅広く補償してくれます。

治療費はかからない?

冒頭でも言ったように、こちらが被害者であり過失がなければ基本的に自賠責保険が適用されるので、相手が無保険でもない限り0円で治療が可能です。

また加害者側になった場合でも、任意保険で搭乗者の補償を含んだプランに加入していれば、自身の治療費による負担を減らすことができます。

これらとは別に、健康保険を使って治療を受ける必要がある、もしくは使った方がメリットがある場合もあります。その際は自身の住所地である各市町村の保険窓口に「第三者行為届け」を提出する必要があります。

慰謝料について

慰謝料とは、交通事故に遭った被害者に対して支払われる賠償金の事で、

 14200支払われ、治療期間と実治療日数によって決定します。

 この慰謝料の計算方法は……

「治療期間(治療開始日から治療終了日までの日数)」

「実治療日数(実際に治療を行った日数)」×2

この2つの少ない方の数字に4200円をかけた数字が慰謝料として算定されます。


3ヶ月間に週3回で治療を行った場合……
「治療期間は1ヵ月30日とし、3ヵ月なので90日 実治療日数は週3日なので3ヵ月で36日×2で72となる為、少ない方の治療期間の72日×4,200円」という計算でおおよそ、302,400円がもらうことができます。

上記の例だと、上限である90日よりももらえる慰謝料は幾分少なくなります。

ですから都合が悪くない限りは、なるべく上限分は通院した方がよいでしょう。