骨盤矯正

  • 身体の歪み、左右差が気になる
  • いつも同じ側の腰に痛みが出る
  • 立っていると片方の足に体重が寄ってしまう
  • 靴底が片側だけ大きく擦り減っている
  • 姿勢の悪さが気になる

骨盤の歪みとは

このページのテーマである「骨盤矯正」という言葉は、今日では随分と世間に浸透してきたように感じます。バキバキと音を立てて行う方法もあれば、無痛を売りにしたソフトな方法もあり、ひとえに骨盤矯正と言っても様々です。ですがその目的は同一で、基本的には骨盤の歪みを解消し身体のバランスを整えることです。

「骨盤の歪み」と一言でまとめていますが、歪みにもいくつか種類があり、それらが複雑に絡み合っています。これは普段の姿勢や動作、体重のかけ方がなど大きく関わっており、以下のような身体のバランスを崩す生活習慣を長期にわたって続けることで歪みが発生します。

骨盤に歪みが起きてしまうと、腰痛や股関節痛、肩こりなどの不調の原因となる他、良い姿勢がとりづらくなり、不良姿勢の悪化につながってしまいます。不良姿勢が変わらなければ当然、身体の不調や骨盤の歪みも大きくなるため、状態がますます悪化していく負の連鎖に陥ります。

このような負の連鎖を断ち、身体の不調を解消するためには、身体の土台となる骨盤を正しい位置へと矯正することが非常に重要となります。

おおあみ接骨院の骨盤矯正

おおあみ接骨院での骨盤矯正は、トムソンベッド(トムソンテーブル)と呼ばれる矯正用ベッドで行う矯正と、通常のベッドで行う手技による矯正の二つがあります。

右の写真で行っているのがトムソンベッドによる矯正です。矯正する瞬間の音は大きいですが、患者様の体重を利用しているため身体への負担が最小限に抑えられることが特徴です。またベッド自体が自動で立った状態から寝た状態に切り替わりますので、寝返りが打てないほどの痛みを抱えて来院された患者様にも安心して矯正をお受けいただく事が可能です。

手技による矯正では、トムソンベッドでは難しい骨盤の調整を行うとともに、筋肉の硬さや関節の動きの悪さを解消することで、身体の左右差を解消し歪みの矯正と予防を同時に行います。こちらもバキバキ、ボキボキといった音を鳴らして瞬間的に行う矯正ではなく、じっくりソフトに痛みなく行いますので、骨盤矯正に不安を感じている患者様も心配はございません。

これら二つの方法によって、患者様の骨盤を適切な状態へと矯正していきます。

矯正後の歪み予防

手技による矯正の説明でも前述しましたが、おおあみ接骨院では歪みの解消だけでなく、予防も行っています。

歪みの原因の多くは普段の姿勢や動作の偏りが蓄積したことであるため、一度矯正してもそれまでと同じ生活を続けていくと、再度歪みは発生します。つまり予防するためにはこの姿勢と動作をバランスの取れた状態へと変える必要があります。

最終的な姿勢や動作の修正は患者様個人の努力が必要不可欠ですが、当院ではその修正をより行いやすくするためのサポートを行っています。具体的にはストレッチや筋膜リリース、運動スペースでのトレーニングなどです。

これらには、身体の筋肉を柔軟にかつ適切な出力を発揮できるようにすることと、歪みを生まない理想的な姿勢や動作を脳と身体に覚えさせるという目的があります。

おおあみ接骨院の骨盤矯正は上記の通り、歪みの矯正と再発の防止を想定して施術メニューを組んでいます。不調の根本から解消することが当院の施術方針ですので、そのことを骨盤矯正を希望される患者様にもご理解いただき、ご協力して頂くことが出来れば幸いです。

「片側の腰痛が繰り返し何度も起きる」

「姿勢の悪さが気になる」

「身体の重心がずれているように感じる」

「身体を動かしたときに左右差を感じる」

「歪みの再発をなくしたい」

この様なお悩みをお持ちの方はぜひ一度おおあみ接骨院にご相談下さい。