腱鞘炎・ばね指

  • 指や手首が痛くて曲げられない、伸ばせない
  • 指を無理に伸ばそうとすると、ばねを弾いたように伸びてしまう
  • 普段行っている作業が指や手首の痛みで困難になった
  • デスクワークを長時間行っており、パソコンの打ち込みが辛くなってきた
  • 痛み止めや湿布を貼ってもよくならない

腱鞘炎とは?| 大網白里市おおあみ接骨院

問診日常生活や仕事で手や指を繰り返し動かし続ける、または重い物を持ち続けることがあるという方は今日では少なくないでしょう。そんな方々に付きまとう手指の不具合が腱鞘炎です。

指や手首には関節を曲げるための筋の腱がありますが、その腱は浮き上がりの抑制や腱同士の摩擦を防ぐ「腱鞘」というトンネルのようなものを通過します。その腱と腱鞘との間で炎症が起きることを腱鞘炎と呼びます。

原因は主に手指の使い過ぎです。パソコンのタイピングやピアノの演奏、家事育児などの、頻繁に手指に負担が強くかかる仕事や生活をしている方に多い傾向にあります。

基本的に過剰な負荷を避けることが一番の予防であり解消法なのですが、どうしてもそれができないという場合は、せめてストレッチやマッサージなどでケアをすることが大切です。

ばね指になってしまう前に…

指の腱鞘炎が進行していくと、動きがさらに悪くなり、無理に伸ばそうとするとばねを弾いたように伸びてしまうばね指になります。

更年期や妊娠出産期の女性に多く生じ、指の中でも特に親指と中指によくみられます。

基本的に保存的施術を行いますが、回復がみられない場合や再発が起きる場合は、腱鞘を切開する手術が必要となります。

ばね指まで状態が悪化してしまうと、保存的施術ではかなり長期的になります。ですから腱鞘炎の状態が軽いときに施術を受けることがベストです。

大網白里市おおあみ接骨院の腱鞘炎・ばね指の施術法は?

おおあみ接骨院では「根本施術×超音波温浴」により腱鞘炎・ばね指に関するお悩みを解決していきます。

「根本施術」ではみなさまの身体の状態にあった施術をおこなっていきます。

 

根本施術では腱鞘炎・ばね指を引き起こしている原因に対して、一人ひとりに合わせたオーダーメイドの施術を行い、関節・骨格・筋肉・動作を最適な状態にすることで、痛みの出にくい身体作りを行っていきます。

また、大網白里市のおおあみ接骨院では、現在の痛みと根本的な痛みの原因のどちらも解決するために「根本施術」と同時に「超音波温浴」を腱鞘炎・ばね指の施術に取り入れています。

「超音波温浴」は温浴と超音波の刺激により血行を促進し、日ごろの負担の溜まり過ぎによって硬くなった筋肉をほぐして柔軟性をアップさせることができます。これにより腱と腱鞘の過剰な摩擦を軽減し、痛みを抑えることができます。

おおあみ接骨院では痛みの即時緩和と腱鞘炎・ばね指の根本的な原因解決を目指して、一人ひとりに合わせた施術をおこなっていきます。

「手首や指の曲げ伸ばしが痛い」

「痛みを我慢して仕事をしている」

「ばねのように弾かれる指をなんとかしたい」

このようなお悩みお持ちの方は是非一度当院にご相談ください。