かかとの痛み

  • 歩くたびに痛みが出る
  • 朝などの動き始めが痛い
  • 痛くてスポーツや部活ができない
  • かかとを押すと痛い
  • 足の裏全体に痛みがある

かかとの痛みについて|大網白里市おおあみ接骨院

かかとの痛みにもいろいろ種類があります。

主に考えられるものとしては、

セーバー病(シーバー病)

アキレス腱炎、アキレス腱周囲炎

足底腱膜炎

があげられます。

またスポーツや部活などで走ったりジャンプで足への負担が蓄積されて痛みが起こることもあります。

足はどうしても安静にしておくことが難しいので、すぐに治るだろうと放っておくと治りが遅くなってしまうことが多いです。

無理をせずに早めに整形外科や接骨院、整骨院に処置をする事が重要です。

かかとの痛みの原因と症状

セーバー病(シーバー病)

セーバー病(シーバー病)はかかとの骨に負担がかかり炎症が起きると痛みを伴う疾患です。

セーバー病(シーバー病)は成長期でかかとの骨がまだ成長していない10歳前後のお子さんに多く見られます。

スポーツなどでかかとに負担がかかり続ける事で炎症が起きることが多いです。

「成長痛」ではなく「成長期でかかとの骨がまだ柔らかい為に起きる」症状です。

アキレス腱を伸ばす動作で痛いことが多く、痛みが強くなると足を地面につく事が嫌になり、引きずって歩くようになってきます。

 

セーバー病はいわゆる「成長痛」ですが、だからと言って放っておくと「将来スポーツを続けたい」というお子さんの将来を奪ってしまう可能性があります。

ですから痛みを訴えることがあれば、早い段階で整形外科や接骨院、整骨院に受診する事が重要です。

アキレス腱炎・アキレス腱周囲炎

スポーツやトレーニングでのオーバーユースで、アキレス腱に炎症が起こり痛みが出てくる疾患です。

原因は加齢による筋肉の変性、ふくらはぎの柔軟性・筋力低下、偏平足、外反母趾、足首の硬さがなどが挙げられます。

特にふくらはぎの筋肉の柔軟性が低下していることが多くみられます。

長時間歩いたり、走ったり、スポーツでふくらはぎの筋肉が使われることで、疲労が蓄積され炎症が起こります。

痛くない側と比べるとアキレス腱部が太くなっていることがあります。かかとやかかとより数センチ上の部分を押すと、痛みが出てくることがあります。ひどくなると熱感や発赤がみられることもあります。

最初は運動終了時や朝など運動開始時に痛みが出る事があります。重症化してくると安静にしているときにも痛みが出てくることがあり、歩くことが困難になる事もあるので早めの処置が重要になってきます。

足底腱膜炎

足の構造は足への体重を軽減させるためにアーチ構造になっています。それを支えているのが足裏に広がっている足底腱膜です。

長時間歩いたり、走ったりすることで足底腱膜に負荷がかかり炎症を起こしたものを足底腱膜炎と呼びます。

 

ひどくなると足底腱膜の付着部分(かかと)に牽引力が加わることで骨棘と言われるトゲのようなものが出現してしまい強い痛みを伴うことがあります。

大網白里市のおおあみ接骨院の踵の痛みの施術法は?

大網白里市のおおあみ接骨院では、「根本施術×マニュピレーション」で患者様の頭痛にアプ

ローチしていきます。「根本施術」では、みなさまの体の状態にあった施術をおこなっていきます。

かかとの痛みの原因の多くは姿勢の悪さから身体全体のバランスが悪くなっていることが多いです。

筋肉の緊張(筋肉の硬さ)がかかとに負担がかかり痛みが出ているのです。

 

靴のかかとのすり減りが左右で違っていたり、足の長さが違うなと感じたことはないですか?

心当たりがあればあなたのかかとの痛みはそこから来ていると思います。

さらに放置しておけば膝、股関節、腰へと違う場所にも痛みが出てくるかもしれません。

当院ではまずかかとの痛みがなぜ起こっているのかを丁寧に問診、検査していきます。

そしてかかとの痛みの原因を取り除き、歩行時の痛み、スポーツ時の痛みを取り除いていきます。

また、身体のバランスも整えて痛みの出ない身体づくり、根本改善を目指していきます。