顎関節症

  • 口を開くときや閉じるときに「カックン」「コッキン」といった音がする
  • 噛み合わせの悪さが気になる
  • 食べる時に顎に違和感や痛みがある
  • 顎の周りの筋肉が痛む
  • 大きく口を開けられない

顎関節症とは

顎関節症は口を開こうとしたときや閉じるときに、関節から「カクカク」といった音が鳴ったり、顎を動かす筋肉や顎の関節部分に痛みを生じます。

音が鳴るメカニズムは、顎関節内に存在する関節円板というクッションが前方にずれることで、顎を動かすときに引っ掛かり、それを乗り越えた際に音が生じるとされています。またこの症状が進行すると関節円板の変形が激しくなり、顎の骨が前に出ることができず、口が大きく開けられなくなってしまいます。

顎関節症は生涯の間に2人に1人は経験すると言われるほど多くの方が経験しますが、大半の場合、音が聞こえたり違和感がある程度のようです。

またそのような軽度の症状であれば、基本的には手術のような治療は行われません。

顎関節症は20~30代の女性に好発します。

顎関節症の原因

原因は一つに絞られるようなものではなく、様々な要因が組み合わさり、その人の耐久力を超えるほどに負担が大きくなることで生じます。

その要因は以下のようなものが挙げられます。

  • 顎の関節や筋肉の疲労、構造的な弱さ
  • かみ合わせの悪さ
  • ストレス
  • 歯ぎしりや噛みしめる癖
  • 頬杖などの生活習慣

この他にも顎関節の負担となるようなものであれば、それは顎関節症の要因になり得ます。

顎関節症を解消したい場合、まずはこれらの要因を減らしていくことが重要となります。

おおあみ接骨院の顎関節症施術法

おおあみ接骨院では顎関節症の患者様に対して、対処的な施術根本的な原因に対してのアプローチを行っています。

 

交通事故施術対処的な施術としましては、顎関節周辺の筋肉や首・肩のマニピュレーションを行います。顎関節症の方は顎関節周辺の筋肉はもちろん、首や肩の筋肉も緊張し硬くなっている事が多いため、これを解消し顎関節への負担を軽減します。また顎関節症の要因のひとつであるストレスの解消にも効果が期待できます。

根本的な原因へのアプローチは、姿勢の改善を行います。

不良姿勢は首や肩だけでなく、顎関節周辺の筋肉への大きな負担となるとともに、ストレスや睡眠不足などにつながるため、顎関節症の解消には非常に重要な要素となります。

姿勢の改善には以下の施術を行います。

 

 

おおあみ接骨院では痛みの即時緩和と顎関節症の根本的な原因の解決を目指して、一人ひとりに合わせた施術を行っていきます。

「顎を動かしたときの音をなくしたい」

「食べるときに関節や筋肉が痛い」

「口を開きづらくなった」

「顎関節症を治したいけど手術はしたくない」

このようなお悩みをお持ちの方は是非一度おおあみ接骨院にご相談ください。