野球肩

  • 投げるたびに肩が痛い
  • 肩に違和感がある
  • キャッチボールはできるけど、全力で投げると痛い
  • 肩の痛みが良くなったり、悪くなったりを繰り返している
  • 練習・試合後に肩が痛い

野球肩とは|大網白里市おおあみ接骨院

野球肩とは、投球動作で肩に痛みがあるスポーツによる怪我の総称です。

野球肩は痛みの部位によって損傷されている組織が変わってきます。

肩を痛めるという事は、その部位にストレスがかかっているからです。

つまり無理して投げているので効率の良いフォームとは言えません。

さらに投球動作は一度に大きなエネルギーを必要とし、何回も繰り返す運動です。

効率の悪いフォームで、何度も繰り返し投球動作をすると当然肩を痛める事に繋がってきま

す。

投球動作の局面

 

 

 

 

 

 

 

 

①Wind-up期

特に方への負担はかかりません。

②Cooking期

肩を大きく広げる(肩の最大外転・外旋)局面を言います。

その際には、肩前方の組織に大きな負荷がかかり、関節唇腱板などを痛める原因になります。

③Acceleration期

腕を大きく広げた位置(肩の最大外転・外旋)から、加速しリリースするまでの局面を言いま

す。この時にインピンジメント症候群関節唇腱板などを痛める原因となります。

④Follw-through期

ボールが手から離れて、腕を振り下ろす局面です。この時、肩後部の組織に伸長ストレスが働

き、腱板関節唇などを痛める原因となります。

野球肩の原因|大網白里市おおあみ接骨院

姿勢(アライメント)

野球肩になる原因には、姿勢(アライメント)が要因として重要になってきます。特に「肩甲

骨」のアライメントが重要になってきます。肩甲骨のポジションが悪いと、投球動作時に肩甲

骨の動きが不十分になり野球肩の要因となってきます。

関節の可動域

最低限の関節可動域がないとその人の可動範囲を超え、投球動作を何度も繰り返すことに

なってしまうので野球肩の要因になってきます。

 

また、股関節の可動域も重要だと言われています。

股関節の動き(曲げる)が割る人の大半に肩の痛みが発生すると言われています。

 

野球肩は肩だけの問題ではないのです。

ローテーターカフ
・ローテーターカフとは?

肩のインナーマッスルと言われる筋肉で

棘上筋

棘下筋

小円筋

肩甲下筋

4つの筋にを総称してローテーターカフ(回旋

筋腱板)と呼びます。

 

ローテーターカフの機能は?

肩関節は人体で最も広い可動域を有して

います。

各方向に大きく動かせるというメリット

がある一方、良く動くのでケガをしやす

いという特徴もあります。

 

肩関節はローテーターカフによって安定

性を保っています。

肩関節の安定性がないと、肩へのストレ

スが大きくなり、肩をケガすることに繋

がります。

 

大網白里市のおおあみ接骨院の野球肩の施術法は?

大網白里市のおおあみ接骨院では、「根本施術×マニュピレーション」により野球肩へのアプローチしていきます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

あみ接骨院ではまず初めにしっかりと問診・検査を行い、

野球肩の原因となっている姿勢、動き、筋力などを確認します。

原因を見つけたら、1人1人の体の状態にあった施術を行い、身体全体のバランスを整えます。

投球姿勢や身体の動きが良くなると野球肩による痛みも自然と緩みます。

痛みがとれるだけではなく、さらなるパフォーマンス向上にも期待できます。

おおあみ接骨院では野球肩だからとスポーツを禁止させるのではなく、

サポーターやテーピングなどで運動を続けながら施術を続けていくことも可能です。

それ以外にも痛みがなくなった後の身体のケアなども行っております。

もし自分が肩が痛いなと思いましたら、一度おおあみ接骨院へどうぞ!

早期発見・早期施術がとても大事です。